July 2016

【こどもクラス】

連日暑い日が続きますね!さて、今月も、日頃よくいただくご質問にこの場でご回答させていただきたいと思います。

 

Q:家で英語の歌を歌ったり単語を話したりすることもあるのですが、発音が間違っているようなんです…。親は英語が苦手なので特に直してないのですが、大丈夫でしょうか。 

 

A:親御さんが聞いて「あれ?」と思うような発音をしていても、あまり直さない方がいいように思います。本人はいたってまじめに発音しており、何より楽しんでやっているのですから、それをまずは認めてあげて下さいね!また大人の知識で、いわゆる「カタカナ英語」を教え込んでしまうと、なかなか抜けなくなってしまいますよ!お子様は今、時間をかけて英語耳を作っている最中です。また英語特有の発音をするための口や舌の筋肉も鍛えているのです。いずれ自分の耳で正しい音を聞き分けて再現できるようになります。それまで指摘したくなるのをぐっと我慢して、見守ってあげてくださいね。あまりに気になる際は講師にご相談ください。授業内で対応させていただきます!

 

【シニアクラス】

 <テーマ:英会話のコツ>

「どうやったら英会話がうまくなりますか。」といったご質問をよくいただきます。人それぞれご自分に合ったやり方があると思いますが、一つだけ、どなたにも共通して言えることがあります。それは「シンプルな英語で、相手と会話のキャッチボールをすること」です。

英語の鉄則は伝えたい情報、大事な事柄を先に話す、ということです。例えば「今日は朝色々あって忙しかったので、今とても疲れています。」は一見シンプルな文ですが、英語にする際はさらに情報を細切れにして、大事なものから話します。

 

「私は今とても疲れています。なぜなら色々とあったのです。やらなければいけないことが。朝から。」

→I’m very tired now because I had many things to do in the morning.

 

こう答えると、相手も

What happened?(何があったの?)

と会話のボールを投げ返しやすくなりますね!